プロギアにはたくさんのコンセプトのクラブがあります

それはフェアウェイウッドも例外ではありません

発売時期が近かった、キャリーズQとRS5シリーズのフェアウェイウッドは、それぞれコンセプトが異なりますが
では、いったいこの二つの違いは何なのか疑問に思っていました

今回、キャリーズQ3とRS5シリーズの5Wを実際に試打比較をして、コンセプトの違いだけでなく具体的にどんなゴルファーに適したクラブなのか検討していきたく思います

このような方に本記事を書いています!
  • フェアウェイウッドを検討しているあなた
  • キャリーズQはどんなクラブか気になっているあなた
  • RS5のフェアウェイウッドが気になっているあなた

私のスペック!
いわゆる非力ゴルファーの自覚があって
「いかに効率よく飛距離を稼げるのか!」を念頭に練習をしています。

そんなゴルファーの記事であることを念頭に恐縮ですがご覧になって下さい!

管理人スペック

  • 38歳 男
  • 身長180㎝ 体重80㎏ 野球等の経験なし
  • HS:39.0 飛距離216.8Y ミート率1.36
  • ベストスコア 91
  • 使用クラブRS5+ドライバー(2020) SR

同年代と比べるとHSが遅く、飛距離がでないのが悩み!
このレベルの人間のレビューになります


キャリーズQとRS5のコンセプトの違い

窮地(Q地)を超える、キャリーズQ
フェアウェイから谷越え・池越えなどの窮地を高弾道とキャリーで簡単に超えるクラブ

フェアウェイウッドが苦手な方などに安心して使用できる
お助けクラブ的な存在ですね

RS5シリーズは、RS=リアルスポーツの略
アスリートゴルファーやこれから上達を目指すゴルファーのためのクラブ

RSはプロギアの柱の一つでもある、代表的なシリーズです

このようにコンセプトだけでも、クラブを扱う人が違ってきます

では、公式スペックなどを比較していきましょう!

キャリーズQとRS5の公式スペック比較

シャフトスペック RS5 5W キャリーズQ3
ロフト° 18 19
長さ(インチ) 42.5 41.5
ライ角 57.5 58
総重量(g) 323 321
シャフト重量(g) 55 44
バランス D-1 D-0
価格(公式サイト) ¥45,000 ¥45,000

個人的にはキャリーズQの方が、万人のお助けクラブという認識がありましたが、総重量がRS5とほとんど変わらないことに驚きました

様々な人が使える=やさしいクラブ

と思っていましたが・・

総重量の目安

どれくらいのヘッドスピードを狙った設計かは総重量で分かる

  • 5Wの総重量が320g前後・・HSが速い人向け(ハードヒッター)
  • 5Wの総重量が310g前後・・アベレージゴルファー
  • 5Wの総重量が300g前半・・HSが遅めの人向け

からすると、HSが早めの人が使いやすいのかと思います

ただ、シャフト自体の重さが大幅に違うので、振りやすい・振りにくいは出てくると思います☆

キャリーズQ3 LEGシャフト
RS5 Diamanaシャフト

実際に私はフェアウェイウッドが苦手で、かつ力がないため

Diamanaシャフトはなかなか、ヘッドが走らないで振りづらさがありました!

試打動画の比較

動画を2つ並べてしまうと、見づらくなってしまいますので、リンクを張らせていただきました

青い文字をタップしていただければ、お粗末ですが私の試打動画を観ていただけます

キャリーズQ3動画

最初クラブをふりふりしていますが、ヘッドの重みを感じやすくシャフトのしなりを感じることができます

クラブのしなりが感じやすい!

ヘッドはシャローヘッドなので、ボールは上がるなっと直感的に分かりやすいことと

シャフトの付け根からフェースの逆側まで距離があるからか、「本当にしなりを感じやすい!」

最初あまりにもしなるから、不安になりましたがただ自然と振るだけで

オートマチックにクラブが自然とボールをからめ取っていく感覚

でした!

続いてRS5の5Wですが・・・

RS5 5Wの動画

ぎこちないですね~(泣)

キャリーズQと比べると分かりますが、ヘッドは走っていないし打球音でも分かります

アスリートゴルファーにはほど遠いということを!!

キャリーズQとRS5の違いが何となく分かってきましたが
決定的に分かるのが、試打の測定結果になります

試打後の測定結果の比較と評価!

12球試打して、ハイスコア・ロースコアを削除した10球の平均を記載

フレックスSR(M-40) RS5 5W キャリーズQ3
ロフト° 18 19
長さ(インチ) 42.5 41.5
フレックス SR SR
ヘッドスピード 34.9 37.3
ボール速度 46.7 50.2
飛距離 176.4 191.8
ミート率 1.34 1.34

奇しくも、ミート率が一緒ですが・・

肌感覚でキャリーズQ3の方が、「しなって振りやすい!」「ヘッドが走る!」そして「手ごたえがいい!」

と思っていましたが、めちゃくちゃ数字に反映されてました!

5Wで飛距離が約190Yは夢のような数字☆

ドライバーの平均HSが39なので、ドライバーと近いスピードを叩き出せているのも、キャリーズQが使いやすい証拠ですね!

逆に、アスリートゴルファー向け、ゴルフ上達を目標にしているクラブRS5は、まだまだ小生には憧れのクラブであることが分かりました(泣)

私自身、非力ゴルファーの代表なので、おのずと
両クラブの対象者が明確になりますね!

キャリーズQ3が使いやすいと思えるひと。
  • フェアウェイウッドが苦手
  • 力があまりない
  • ヘッドスピードが40未満
  • 初心者から中級者くらいの腕前
  • 体力及びHSが低下してしまった
  • クラブの恩恵を受けて、窮地を超えたい

私のような非力ゴルファーにはめちゃくちゃありがたいクラブ!

RS5 5Wが使いやすいと思えるひと。
  • 中級者から上級者の腕前
  • 力が標準以上
  • ヘッドスピードが40以上
  • ゴルフの上達を強く願っている
  • レベルアップゴルフクラブである!
  • マニュアルで自分の技術で窮地を超えたい!

アスリートゴルファーや競技をも視野に入れているゴルファー

となります

プロギアが発売しているので、当たり前ですがこうも明確にクラブを使用する対象者を変えることができるのは
脱帽ですね☆

まとめ

同じメーカーなのに、フェアウェイウッドの種類が豊富でいったい何が違うのか検証していきました

両クラブの対象者を把握しつつ、試打をしてフェアウェイウッド探しをしてみて下さい

自分に合うフェアウェイウッドの検討材料になれば幸いです☆

ではでは!