2019年登場したNEW egg、今回は5番ウェイウッドを試打してきました

同時期に発売されたドライバーの「ゾッとするやさしさ」を引き継いだ、フェアウェイウッド

5500ドライバーのレビュー記事はこちら☆

NEW eggの特徴3つ

  • 反発係数を0.80まで引き上げている
  • 肉薄フェース
  • 低重心で上がりやすい

見た目の第一印象は薄い!好奇心でLSフェアウェイウッド5番と比較したら、3㎜薄かった

周囲218㎜

ヘッドがたまご型のぽってりしたウッドが苦手な人には、馴染みやすいヘッド形状。芝上をしっかり滑ってボールにインパクトできるイメージが明確にできる!

ボールも自然と上がり、しかも飛びます

シャフトフレックスは「S」「SR」「R」「R2」

男女共に利用しやすいクラブになってます

この記事のおすすめゴルファー

  • フェアウェイウッドが苦手で180Y以上残してると、グリーンオンをあきらめているあなた!やさしくてボールが上がりやすいフェアウェイウッドを探してるひとは必見です☆

 

プロギアNEWエッグ試打評価!

いい感じのドローボールを打つことができました

本当にボールに当てれば、素直につかまって、ボールを打てる感じですね

やさしくて、上がりやすい

ヘッドが2つの構造に分かれていて、クラウン部分が低比重のチタン

ソール部分が高比重のタングステン合金となっているから、自然と下からグイっとボールに入り込む感じになります

だから、上げようとしてスイングに工夫とかしなくてもやさしく上がります☆

打つことに集中できるから、グリーン近くを狙うことができる!

created by Rinker
プロギア(PRGR)
¥18,900 (2024/04/17 06:23:39時点 Amazon調べ-詳細)

NEWエッグ公式スペック

NEWエッグの番手は、3W・5W・7W・9W

フレックスは、4種類

この表はSR(M-40)を記載してます

スマホでご覧になっている方は、画面を横にしていただくとよいかと思います

シャフトスペック #3W #5W #7W #9W
ロフト° 15 17 20 23
体積 177 170 159 152
ライ角 58.5 58.5 59 59
長さ(インチ) 43 42.5 42 41.5
総重量(g) 298 301 305 309
シャフト重量 50 49 48 48
バランス D-0 D-0 D-0 D-0

M-40などはプロギアの表示方法でヘッドスピードを指しています
ヘッドスピードを表しています

シャフトはプロギアオリジナルです

専用シャフトは手元剛性が高く、先端部が大きくはしる設計。やさしい低重心ヘッドの性能を引き出す先端部は
当たり負けを防ぐ為に、若干剛性を高め、安定したインパクトを可能とした。

個人的にはワッグルしてヘッドの重さを感じられるくらいしなるシャフトが好みです。NEWeggオリジナルシャフトは、ほどよくしなるのでめちゃくちゃ好みでした

いまいちポイント

原則的にシャフトが1種類しかなくて、男性・女性問わずに楽しく、やさしく打てるクラブではありますが、ヘッドスピードが速い人(45以上)には向いていないクラブかと思います

しなるシャフトが苦手なゴルファーは扱いづかいクラブです

まとめ

プロギアのeggのコンセプトが

年齢・性別に関係なく限界を突破しよう!

なので、本当にクラブに任せていればやさしく飛んでくれるような設計になってます

つかまるボールが打てるのでおのずと飛距離も上がるから

マサトマサト

180Y以上残してるとあきらめていた、グリーンオンを狙えるくらぶだね

ただ、シャフトのふわふわ感が否めないので、それを克服でればいいなと感じます

ではでは

created by Rinker
プロギア(PRGR)
¥18,900 (2024/04/17 06:23:39時点 Amazon調べ-詳細)