プロギアは「飛距離の70%は初速で決まる」を信念にRSシリーズを開発してきましたが
ついにその初速に特化したクラブがRSジャストシリーズ

RSジャストドライバーは、初速を上げることと、低スピン化させることで
ヘッドスピード40m/s以上のゴルファーの球質を変えて飛距離を伸ばすことを目標としているクラブです

マサトマサト

ちなみに、アスリートゴルファー向けのRSシリーズ
キャリアゴルファー向けのLSシリーズという位置づけになってます

今回はRSジャストDドライバーを試打評価していきます

先に結論から

スライサーやドライバーが苦手な人、ドライバーでスコアを乱してしまう人は要検討!
適度なつかまりとミスの許容度が高いことが魅力的な、初中級者向けドライバー

この記事を読んでわかること
  • RSジャストドライバーの口コミ
  • RSジャストドライバーの実際の球筋
  • RSジャストドライバーの長所短所
  • RSドライバーのスペック

新しいギアに興味がある方は是非最後までご覧になって下さい

管理人スペック

  • 38歳 男
  • 身長180㎝ 体重80㎏ 野球等の経験なし
  • HS:39.0 飛距離216.8Y ミート率1.36
  • ベストスコア 91
  • 使用クラブRS5+ドライバー(2020) SR

同年代と比べるとHSが遅く、飛距離がでないのが悩み!
このレベルの人間のレビューになります

RSジャストドライバー試打評価

第一印象:めちゃくちゃヘッドが走って振りやすい、振り切りやすい!!
測定して見れば、平均HSが41.3m/sはなかなか出ない数値です

しかも、つかまるからスライスにビビッておどおど振らなくてよく、強気で振り切れる
結果、コンスタントに230Y以上の飛距離が出せるのは嬉しい

個人的な総評ですが、下記のとおり

飛距離 5.0
操作性 4.5
ミスの許容度 5.5
上がりやすさ 5.5
つかまりのよさ 5.5
打感の柔らかさ 4.0
構えやすさ 4.5
球の強さ 5.0

ミスの許容度が広く、つかまり、高さが出るけど、飛距離もついてくる!
プロギアが謳っている通り、ハイドローで飛ばすことができるドライバー

使用クラブのスペック

  • シャフトフレックス:S(M-43)
  • ロフト:10.5
  • 長さ:45.5
  • 総重量299g

 

10球全集中して打った結果(1球は測定できず)
9球中、芯を外す・明らかなミスは2球のみ。
約8割は230Y以上のナイスショットを打つことができる安定感!

ヘッドスピード40ぐらいでも、初速の力を借りて230Yぐらいまで飛ぶところはプロギアの驚初速の売りの通り!

ミスが出にくい!!曲がり幅が一定なのも良きポイント

ドライバーがそこまで得意でない私でも、ここまでの結果が出るとめちゃくちゃ使いやすいクラブ!
インパクトの許容範囲が広くて、どこに当たっても芯を喰ってくれるイメージ

マサトマサト

それなりに当たれば230Y以上は飛ぶは超安心感です

もちろん、芯を外してしまった、明らかにミスをしてしまった場合
平均飛距離からマイナス約10~30Yくらい飛距離が落ちる

ミスの系統としては、つかまりすぎて左に行くミスが多かったですね
スライス傾向の方には安心できるドライバーだと思います、パワーヒッターには不向き

マサトマサト

ドロー系のボールでもフェード系のボールでも
ミスでも曲がり幅が一定なのはコースに出て計算しやすい

フェード系の球筋の動画もどうぞ(9秒)

もっと、ドライバーが上手な人なら、ドローボール・フェードボールの打ち分けも上手くできると思います

狙ってフェードを打とうと思って振ったらフェードが出ました。
ストレートフェースだから球筋をイメージしやすく、操作性は抜群です

RSジャストドライバーのスペック紹介

ゴルファー目線と、アップの写真

普段シャローヘッドを使用しているので、見た目以上に丸みがある(たまご型)ヘッド。
今回はRSと印字されていてボールとの位置の参考にできるところも良かった

ライ角も59°とアップライトなので、いかにもつかまえてやるぞーという感じ

各種スペック(RSドライバー比較)

RS-D スペック S(M-43) SR(M-40) R(M-37)
ロフト角 9.5/10.5 9.5/10.5 10.5
体積 460 460 460
フェースアングル -2.5 -2.5 -2.5
ライ角 59 59 59
長さ(inch) 45.5 45.5 45.5
総重量 299 296 293
バランス D-2.0 D-1.5 D-1.0
シャフト重量 52 49 46

RSジャストドライバーとの比較(違いは赤くしてます)

RS スペック S(M-43) SR(M-40) R(M-37)
ロフト角 9.5/10.5 9.5/10.5 10.5
体積 460 460 460
フェースアングル -3.0 -3.0 -3.0
ライ角 57 57 57
長さ(inch) 45.5 45.5 45.5
総重量 310 305 300
バランス D-2.0 D-1.5 D-1.0
シャフト重量 57 52 47

さらにくわしくはこちら

RSジャストドライバーの方が、よりパワーがある方を対象にしているので、重量が300グラム以上になってます

さらに

RS-D RS
フェース角 -2.5 -3.0
ライ角 59.0 57.0
重心角 30.0 28.0
重心距離 38.5㎜ 39.0㎜
重心深さ 23.0㎜ 22.5㎜
重心高さ 29.0㎜ 29.0㎜
重心高さ率 58.5% 57.0%

重心高さ率=重心高さ/フェース高さ

2020年に発売されたRSドライバーの重心高さが31.0㎜、重心高さ率は61.0%となってます。
RSジャストは低重心化させ、スピン量を軽減している

 

RS JUST ユーティリティも試打してきました
詳細はこちら

いまいちポイント2つ

「Diamana FOR PRGR SILVER」
手元剛性を下げ、全体がしなり、走り感、つかまり感があるシャフト

でも

RSジャストシリーズはシャフトは一種類のみの仕様になっているのが残念ポイント

ただ、かちゃかちゃ機能が付いているので、ご自身のあったシャフトにカスタマイズをすることができます

■2つ目

RS-Dドライバーは今回発売された3つのクラブの中でも、どちらかと言えばやさしめのクラブ

でも、ある程度力があって安定感がないと使いこなすのは難しく思いました

コンスタントに100切りできるレベルぐらいの人が相応

ミスが出るとがっつりミスり、即OBコースになります!

弾道コントロールシステム「Bacosy」

いわゆるカチャカチャ機能

  • ロフトを角度を変えられる
  • ウェイトを変えてバランスが変更できる

この機能はRSジャストシリーズドライバーには全装備されてましたね

お好みのシャフトに変更してカスタマイズできます!

まとめ:スライサー撲滅!コンスタントにナイスショットが打てるドライバーだった

ビュンビュン振り切れ、気持ちよくスイングできつつ、つかまりも抜群
コンスタントにナイスショットが打てるミスの許容度が高いドライバーだった!!

とはいえ、ミスする時はがっつりOBコースになるから、ある程度のうまさが必要です

なので、下記のことで悩んでいる方は手に取って試打してみるといいかと思います

おすすめゴルファー
  • スライスに悩んでいる
  • ドライバーが安定しない(苦手)
  • 振り切れない
  • HSが40ぐらい
  • スコア100前後のかた
  • これからもっとゴルフをうまくなりたい
  • ドライバーからスコアを乱してしまう

プロギアの公式ホームページの試打ページだとRSジャストシリーズも試打することができます

ご興味のある方はご覧になって下さいね

⇒プロギア公式ホームページhttps://www.prgr-golf.com/fitting/rental/

ではでは

先行予約はこちらから

ドライバーをもっとうまくなりたい!あなたにおすすめ

若い男性

クラブの力に頼るだけでなく、もっとドライバーを上手くなりたい!

若い女性

飛距離が伸びる、安定感が増すために地力を向上させたい!

今までの練習に疑問を感じている方はおすすめ!
安定して100切りを達成できるようになったゴルフ教材ベスト3を紹介!

いままでの練習に疑問を感じてる方おすすめ